« 糖尿病治療の大変革(読売新聞より) | トップページ | 妊婦さん太れって! »

栄養学の常識は疑いだらけ

10月4日に100歳を迎えた日野原先生が,だされた本です。

「病気にならない15の食習慣」

http://p.tl/W6kK
...

習慣1:1日3食の間違い : 先生はほとんど夜1食

習慣2:寝る前に食べても大丈夫 :ゆっくり食べられる夜にたくさん食べる

習慣5:油抜きではやせられない。止めるべきは炭水化物 と糖質

          :素晴らしい、油が悪者という栄養学者と反対です

習慣9:コレステロールは少し高めなほうがいい

          :コレステロールは悪玉ではない

習慣12:肉を食べれば体がサビない

          :先生は夜たくさんの肉を食べているそうです。

・・・ などなど
Hinohara_2
1日1食 夜のみの糖質ゼロを目指す釜池式食事法を

始めて3年の私には非常に理解できる内容です。


生きるということは思考が働き、仕事が出来る状態を

目指したいものです。

100歳になっても現役の医師として

働き続ける日野原先生の食の習慣は、学ぶべきことが多い。

栄養学の常識は,うたがいだらけです。

|

« 糖尿病治療の大変革(読売新聞より) | トップページ | 妊婦さん太れって! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170402/53086473

この記事へのトラックバック一覧です: 栄養学の常識は疑いだらけ:

« 糖尿病治療の大変革(読売新聞より) | トップページ | 妊婦さん太れって! »