« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月

カルピスとアクエリアスにゼロ!

発泡酒の糖質ゼロに続き、さまざまなゼロが発売されています。5月12日はアクエリアスのゼロが、発売されました。ゼロカロリーが売り物のところが、いまいちですが、コカコーラ ゼロに続いて選択肢が増えたのはうれしいことです。公式発表は:

 「アクエリアス」は2008年、オリンピック日本選手団公式スポーツ飲料として、8月に開催される北京オリンピックにおける日本選手団の活躍を積極的にバックアップすると同時に、「アクエリアス」ブランドの進化・拡充により、スポーツを愛する全ての人々を応援しています。この度、健康維持やダイエットに関心を持つ20-30代に向けて、これまでになかったスポーツ/フィットネス時に適した「アクエリアス ゼロ」を導入し、ラインナップを拡充することによって、No.1スポーツ飲料として、スポーツ飲料市場における更なるシェア拡大を目指してまいるとともに、スポーツに関心を抱き、スポーツを愛する全ての人を応援し、頻度に関わらずスポーツにおけるあらゆるシーンにおいてサポートしてまいります。

だって!飲み口もさわやかですよ。Zero

さて、カルピスは、アミノカルピスといいますが2月に風味やデザインを新しくして発売したものです。

「DIETアミノカルピス」は、カロリーゼロはそのままに、「カルピス」の甘酸っぱいおいしさをより味わえるように風味を改訂しました。また、体の基礎代謝をサポートする健康成分として、体内で重要な働きをする分岐鎖アミノ酸BCAA〔バリン、ロイシン、イソロイシン〕とダイエット成分として認知度が高いL-カルニチン、L-オルニチンに加えて、新たにアルギニンとアラニンを配合しました。

そのほか、糖類ゼロチュウーハイー196℃レモンとグレープフルーツもうれしいですね。5月20日には紀州ウメが発売されました。

こうした糖質が少ない飲料や食料が増えていくと、釜池式食事術は、ますます、すすめやすくなりますね。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

脂肪肝脱出!A1c5.6!!

先週ついにHbA1c5.6になりました。5,8以下が正常値ですから、正常の範囲に入ったことになります。ヘモグロビンA1cは90-120日前の血糖値を意味するといわれていますから、1月以降の状態の反映でしょう。2月からはじめた釜池式の糖質ゼロの食事術の効果がこんなにはっきり実感できたのはすごい驚きです。

釜池先生の本に出会ってからこの理論には、確信を持っていましたが実際に、糖尿病の状態を抜け出して見て、あらためてすごいことだと思います。しかもγGTP77正常値79以下)になりました。これは長い間100以上でありましたし、釜池式に取りくむ直前は288という値を記録していましたので、正常値になったことも驚きです。今まで何をしても改善しなかったのですから不思議です。これは脂肪肝の反映ですから、釜池式の食事で内臓脂肪が減少していることが示唆されます。いずれこれはCTで確かめてみます。

脂肪肝脂肪を制限する食事ではなく糖質ゼロの食事で改善するのです。でもどんな教科書でも脂肪肝の食事は脂肪を制限するようにかかれています。これでは治りません。

すごい!!これが普及したら日本のメタボリック症候群はなくなる!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »