トップページ | 2006年5月 »

2006年4月22日 (土)

ケミカルピーリングってスゴイ!

ケミカルピーリングを受けられたNHさん(21才)から、オドロキとヨロコビいっぱいの体験談をいただきました♪

『ショーダンサーをしているため、いつもビキニラインの処理には気を使っています。けれども、剃っても抜いてもあとが化膿していました。《写真・左》そのことを宗田先生に相談したところ、「まかせなさい!!」と心強い言葉をいただき、期待でドキドキしながらでケミカルピーリングを3回受けました。

そうしたら、化膿して膿が出ていたところまで、すっかりキレイに治ったんです!《写真・右》まさに、感激です!ケミカピーリングを続けながら、今ではレーザー脱毛もお願いしています。ツルツルになるのが夢ですが、それがかなう日もそう遠くなさそうです!!』

Photo_12

Photo_6

★         「ケミカル」なんて付くと、不安を感じる方もいるかもしれませんが、傷や炎症でいたんだ肌にもやさしく効果があるんです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

レーザー脱毛で肌もキレイに!

レーザー脱毛は、毛をなくすだけではなく、毛のう炎や、自己処理による色素沈着にも効果アリなんですよ。

そんな悩みから解放されたHNさん(20才)からうれしい感想をいただきました。

『いつもワキはカミソリと毛抜きで処理していました。でも、そのあとがニキビみたいになったり、黒ずんでしまったりで困っていました。《写真・左》それが、レーザー脱毛をしたら、毛がなくなるだけではなく、黒くなっていたところや、ポツポツしていた毛根までなくなって、肌がキレイになっちゃったんです!!《写真・右》感激です~~!!うれしくて、早くキャミだけで外に出たいです♪ありがとうございました!!』

Photo_4 Photo_5

★                                        ★             ↑写真はクリックすると大きくなるので、どれだけキレイになったか確かめてみて!!

こんなによろんでもらえるなんて、わたしたちもほんとうにウレシイです!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年4月15日 (土)

フォトフェイシャルは顔だけではない!

28歳のサーファーの方の悩みの相談にのりました。

長年サーフィンを楽しんできたため、日焼けの跡がどうしても消えないということです。

そこで、フォトフェイシャルの光を隆起した日焼け跡にかけてみました。

Pict2897_4

Pict4221_5  ★                   《照射前》          《照射後3週間》

黒い跡が目立っていたところが、かなりキレイになって本人が 一番ビックリ!!肌も平らになっていました。照射の跡もしばらくすれば消えます。

彼女からはこんなヨロコビの声をいただきました♪♪

『自分の背中ってなかなか見えないから、こんなにひどかったことにまずビックリ! でも、一番のビックリはすごくすごく効果があったことです!!ほんとうに期待以上です!!』

「若いころに日焼けしすぎちゃって・・・」と後悔している方、試してみる価値がありそうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

体験!超音波導入!!

入院中に体験させてもらった超音波導入ってすっごくいいです。次の日肌がぜんぜん違います。驚きました。この超音波導入というのはどのくらいの間隔でやるといいのですか?退院したので、今度は本気で通いたいです。カウンセリングも受けてみたいです。それに脱毛もいつかやろうと思ってYukatyan_2 いるのですが、同時にできるのですか?

先日退院したゆかさんからのメールです。

質問にお答えしますと「超音波導入は毎週1回くらいで可能です。ただその間のホームケアをしていただければ,3週間毎位でいいと思います。また脱毛と同時でも大丈夫ですよ。」

育児頑張ってくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

もうすぐオープン!

4月のオープンに向けて、エステ新館建設が進んでいます。今までImgp1850_1クリニックの中での、手狭だった状態からはかなり拡大した癒しの空間が誕生します。日曜や夕方などの時間帯も始める予定ですので、土曜日などはかなり予約がとりやすい状況になっていくと思います。
又、脱毛やケミカルピーリング、フォトフェイシャルなどに加えて、美白、美顔メニューが豊富になります。このブログで随時お知らせしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »