« ケトン体が人類を救う | トップページ

2015年11月15日 (日)

アマゾン新書新着部門1位、大変なことになっています。

アマゾンは異例の発売前の大量追加発注をしてくださったそうです。...

光文社さんもアマゾンさんも全力を尽くしてくださっています。

けれども、あまりにたくさんの方が、ご予約してくださったために、すでに遅配メールをお送りしている方に、発売当日にお届けできるか、いまだ見えない状況です。

詳細わかりしだい、この『ケトン体が人類を救う』facebookページでご案内いたします。

https://www.facebook.com/ketontai/

11222826_913087762101074_5715895752

12088183_922306027850415_3715631136

661

 

|

« ケトン体が人類を救う | トップページ

コメント

こんにちは。
乳飲み子をおぶり、書店へ急いで買いにいきました!

私は去年、初期で妊娠糖尿病になり
総合大病院の専門医に長期の教育入院と
インスリンを強制されそうになりました。
嫌な予感がして、モメにモメた結果
糖質制限に理解のある個人病院に転院
し、元気な赤ちゃんを産みました。

妊娠中、ケトンがでて不安になりましたが、宗田先生のブログを拝見し、安心して糖質制限を続けることができました。

この本はぜひ、妊娠糖尿病で不安になっている方、高齢でこれから妊娠を考える方、糖尿病家系の方に読んでいただきたいです。

私は今は境界型になってしまいましたが、2人目を諦めなくてよいんだと、
勇気づけられました。
産後も糖質制限をしながら
母乳育児、血糖値もコントロールできています。

学会のよく言う
バランスのよい食事、
新しい知識のない栄養士の言う
バランスのよい食事で
血糖値は決して下がりません!

宗田先生と江部先生のブログ、書籍に
出会えたことに心から感謝です。

知識をアップデートできない
ガチガチの頭で
糖尿病患者の身になっていない
そんな学会と戦い続ける先生を
応援しています!


投稿: ティアレ | 2015年11月22日 (日) 14時41分

コメントありがとうございます。
学会のよく言う
バランスのよい食事、
新しい知識のない栄養士の言う
バランスのよい食事で
血糖値は決して下がりません!
その通りです!学会が間違っていて多くの妊婦が苦しめられています!

早く気が付いてくれないと犠牲は増えるばかりです。

投稿: 院長宗田 | 2015年11月23日 (月) 00時36分

こんばんわ!!
ケトン体が人類を救う 読ませていただきました!!あまりにも素晴らしくてそして、同じ千葉にこのような素晴らしい医師がいて下さる事本当にうれしく思います。
私は低血糖症、副腎疲労などのカウンセラーをしていますが、糖質制限の素晴らしさを日々感じながら仕事をさせて頂いています。多くの方が心身の健康を取り戻されているんですよ(*^_^*)
糖質制限が世に定着し、沢山の人たちが心身の健康面で救われますように、先生応援しています!!

投稿: MAKI | 2015年12月12日 (土) 22時55分

ありがとうございます。頑張りましょう!

投稿: muneta | 2015年12月13日 (日) 13時37分

先ほど拝読しました。 先生のお考えに完全に同意いたします。 申し遅れましたが小職、中部大学生命健康科学部教授で、日本臨床スポーツ医学会理事などを務める小児科、小児循環器専門医です。 胎盤でのケトン産生のご発見は歴史に残る大発見と思います。学会発表のみでなく、早急に正式な英文論文としてご発表されることを強くお勧めします。 私自身、糖質制限食で何の苦も無く7㎏の減量に成功し、その後2年以上たちますがリバウンドもなく腹筋の割れた体形を維持できています。先生の今後のご活躍をお祈り申し上げます。また、共同研究でも企画できましたら幸いです。

投稿: 馬場礼三 | 2015年12月24日 (木) 08時15分

ありがとうございます。大変心強いお言葉です。今英文論文を準備しています。
今後、小児の食生活や健康にも大きな関係があると思っていますのでよろしくご指導ご協力ください。共同研究、ぜひ企画をいたしましょう。よろしくお願いいたします。

czf06641@nifty.com

投稿: 宗田哲男 | 2015年12月24日 (木) 11時34分

宗田マタニティークリニックから帝京病院に
救急車で搬送された川野です。
宗田院長の、お早い判断により母子共に無事手術を終えることが出来て感謝の気持ちでいっぱいです。
帝京に着いた時は4回目の帝王切開での癒着が有ったらとか死を覚悟してくださいとか大量の同意書にサインしました!
しかし3回目の時に宗田マタニティークリニックでの帝王切開のお陰で臓器の癒着が3回も帝王切開しているにも関わらず何と癒着が非常に少ないと医師から説明が有りました。
前回に宗田院長の手術を受けた私は臓器癒着が、
なかった為大量出血から免れました。
宗田院長に感謝の気持ちしかございません。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

投稿: 川野 久美子 | 2016年6月24日 (金) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170402/62680336

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾン新書新着部門1位、大変なことになっています。:

« ケトン体が人類を救う | トップページ