« 夕食! | トップページ | ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか »

2015年9月 6日 (日)

妊娠糖尿病は食事で治ります!

03

妊娠26週で都内から緊急入院されて、無事30週を超えて退院になりましたRさんから素敵なメッセージをいただきました。「前回と同じく妊娠糖尿病で切迫早産になったのですが、大学病院でインスリンづけであった、前回と比べて糖質を取らないだけで、こんなにも、毎日身体が快適でこころも安定した、妊娠生活をおくれるとは、私も正直思いませんでした。・・・」もう少し時間があるようですから、お産まで楽しく、お過ごしください!

「  どんよりなお天気の日曜日。

今日、宗田マタニティクリニックを退院致しました。

入院期間は前回のお産と同じく約一ヶ月でしたが、内容はもう

雲泥の差でした。

インスリンの負担と低血糖の恐怖から開放され、毎日美味しくて

栄養のある食事やおやつをいただき、点滴も術後のみ、

安静も最小限に。気分も本当に安定していました。

退院して一番驚いたのは残っている体力でした。

前回退院時は、歩くのってこんなに辛かったけ?ってぐらい体が

動きませんでしたが、今回はそうでもないのです。

宗田先生の身体をいじめない治療と栄養たっぷりごはんのおかげ

でそこまで体力を落とさずに済んだようです!

入院中は先生からたくさん貴重なお話を聞かせていただいたり、

本を貸していただいたり、実際に糖質制限食やスイーツを見て

食べて学べる最高の場となりました。

ハイリスク妊婦の私を救ってくださり、さらにいろいろな学びと癒しを

与えてくださった宗田先生に心から感謝します。

予定日まであと10週。糖質制限を続けながら、無事に赤ちゃんに

会えるその時までもう少し安静生活がんばります。

入院中、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。」

|

« 夕食! | トップページ | ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか »

コメント

はじめて。現在41歳3人目妊娠27wです。先日、血糖値の検査があり、50gGCTが178で再検査となりました。少しでも改善しようと、1週間後に再検査しようと思っています。その間、ウォーキング2時間、食事を気をつけるようにしていますが、糖質をどれくらい制限したらよいのか、また、制限して、再検査の75gGCTに臨んだ時、急激に血糖値が上がるという事はないのでしょうか?
実は、2人目の時妊娠糖尿病と診断され、検査入院し、食事でコントロールすることで出産できました。今回は、何としても再検査でクリアしたいと思っていますが、可能なのでしょうか?
また、糖質制限食は長期的に見て、負担ではないのでしょうか?動物性食品の取り過ぎによる弊害はないのでしょうか?
お忙しいと思いますが、教えてください。       

          

投稿: ジュン | 2015年10月31日 (土) 06時58分

まず、50gで引っかかった時の75グラムの対策は、検査の5日くらい前から糖質を取っておくことです。そうしますと検査を正常に迎えることができやすくなります。ウオーキングや糖質制限はこの時は逆効果です。クリアできたら糖質を制限していくとずっとうまくいきます。クリアできなかったらなおさら、糖質制限です。その時は相談してください。長期的に負担?妊娠は長期ではないです。動物性食品の弊害?トラやライオンは生きています。ヒトも植物では必須栄養素は取れません。卵には糖質はありませんが、ヒナになります。

投稿: 院長 | 2015年10月31日 (土) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170402/62228982

この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠糖尿病は食事で治ります!:

« 夕食! | トップページ | ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか »